エンシュウハグマ

秋の花で、地元で見たい花の筆頭にあげられるのがエンシュウハグマです。
クルクルカールと優しいピンクに癒されます。

DSC02787

DSC07555

DSC00063_2

DSC07605

DSC00077

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツユクサシュスラン

ツユクサシュスランを見て来ました。
2010年に伊豆大島で固い蕾を見て、西表島では株はあれども花茎無しと、
なかなかこの花に縁がありませんでしたが、やっと見る事が出来て嬉しい限りです。

アケボノシュスランの変種ですので花は母種によく似ていますが、全般に草丈が高く
花数が多い事と、花序・子房・萼片・苞葉などに腺毛があることが特徴です。
葉の形がツユクサに似るという事ですが、あまりよくわかりませんでした(汗)。

DSC07305

↓ 花の右手前の葉がいくぶんツユクサの葉に似ているでしょうか?

DSC07248

DSC07314

PA030163

↓ 花序・子房・萼片・苞葉などに腺毛が生えている様子

DSC07351

| | コメント (3) | トラックバック (0)

アケボノシュスラン

秋に必ず見たくなる花のひとつ、アケボノシュスランを見て来ました。
昨年よりは少なかったですが開花の状態は良く、綺麗な花を見ることが出来ました。
大岩の上の群生も素晴らしい花数でした。ちょっと高いので撮影困難が残念です。
いつもの場所にギンリョウソウモドキも健在で、綺麗なクサアジサイもありました。

↓ アケボノシュスラン

DSC02759

DSC07115

DSC07172

DSC07197_2

DSC07226

↓ ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)

DSC07066

↓ クサアジサイ

DSC07093

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオミヤマウズラとヒガンバナ

花友Aさんがオオミヤマウズラを案内してくれるというので花友Mさんと出掛けました。
今年は裏年なのか花数が昨年の1/3という感じでちょっと寂しかったですが、状態は良かったです。

山を下りて駐車場で四方山話をしていてヒガンバナの話題になり、どこか良い新場所は無いかと
花友Aさんに訪ねたら、ヒガンバナだったら私が生まれたところがこの辺りでは一番だと言うので
半信半疑で出掛けてみました。確かに花数は凄いものがありましたが、過疎化が進んで草刈りが
疎かになっているのでちょっと見栄えがせず、イマイチ感で車を進めていたんですが、ある場所に
差し掛かったら素晴らしいロケーションの場所にヒガンバナが咲いていてMさんと二人で万歳!!
当日はあまり時間が無かったので、試し撮り程度で帰り、翌日また出掛けました。
花友Mさんは早朝狙いだったので、私は夕方を狙って再挑戦でした。撮れ高抜群でAさんに感謝♪

↓ オオミヤマウズラ

DSC06461

DSC09709

↓ ヒガンバナ(画像クリックで大きくなります)

DSC06524

DSC02673

DSC06533

DSC06604

DSC06662

DSC06708

DSC06833

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カモメヅル2種とミズトラノオ

1週間経ってしまいましたが、コバノカモメヅルとアズマカモメヅルを見て来ました。
今年も良く咲いていて良かったです。
アズマカモメヅルはコバノカモメヅルの白花品種ですが白(クリーム)一色のものから
中央が暗紫色のものまで変化があります。
ミズトラノオはまだ咲き始めで蕾のほうが多かったですが、そろそろ良い状態でしょう。

↓ コバノカモメヅル

DSC09680

↓ アズマカモメヅル

DSC02583

DSC09664

DSC02578

↓ ミズトラノオ

DSC06385

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シラヒゲソウ

急に思いついて午後からシラヒゲソウを見に行って来ました。
隣県ですが、高速利用で2時間弱。比較的アクセスが良くて助かります。
今年はあまりフィールドに出ていないので開花のタイミングが掴みにくく、
やや心配でしたが、無事咲いていてくれました。
少し早いかなと言う印象でしたが、その分 花はフレッシュで良かったです。
返り咲きのネジバナも例年通り見る事が出来ました♪
おなちゅうの子を含む花好き女子会にバッタリでビックリ(^^;)  おなちゅう→同じ中学(^^;)

↓シラヒゲソウ

DSC02596

DSC02605

DSC02613

DSC02640

↓ ネジバナ(アキザキネジバナ?)

DSC06390

DSC06402

↓ オクモミジハグマも咲き始めていました。 クルマバハグマは蕾ばかりで開花は見当たらず。

DSC09690

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シキンカラマツ

ちょっと掲載が遅くなってしまいましたが、長年見たいと思っていたシキンカラマツを友人のご厚意で見る事が出来ました。
カラマツソウの仲間は開花するとすぐに萼片が落下してしまい、シベだけになってしまいますが、
シキンカラマツは開花後もピンクを帯びた萼片が花弁のように残り、黄色いシベと相まって上品で美しい花です。
分布は長野・群馬・福島と限定的で稀少ですので見る機会は少なく、今回見られたことはとても幸せでした。

DSC06067

DSC06136

DSC06042

DSC06101

DSC06090

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオミズトンボ

オオミズトンボを見て来ました。
以前から見たいと思っていてなかなか縁の無かったオオミズトンボですが、
やっと念願が叶って感激ひとしおでした。

ミズトンボにオオがつきますのでかなり大型の植物かと想像していましたが、
草丈はミズトンボと大差無い感じで意外でした。花はミズトンボがやや緑がかっているのに対し、
ほぼ純白で 真夏の草原の濃い緑の中で涼やかに咲いていました。

環境省 絶滅危惧1B類の稀少種で、分布も関東以北ですので私には見る機会の少ない花です。
情報を下さった方々には感謝です。

DSC05836

DSC05861

DSC05869

DSC05880_3

↑現地に着いたときは小雨でしっとり。 ↓ゆっくり撮影していたら晴れ間も出たので青空に抜いてみました。

DSC06002

↓湿った草原に点々と・・・それなりに株数もありました。

DSC05916

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ブログ再開

6月上旬に父が他界しまして喪に服していました。7月下旬に忌明けしましたのでそろそろ活動再開と
思ったのですが、あまりの暑さで なかなかフィールドに戻れませんでした。
8月に入ってやっと野山に出掛ける気力が戻って来ましたのでブログを再開します。
ただし、酷暑が続きますのでボチボチとやらせて頂きます (^^;

DSC02295

DSC05799

| | コメント (6) | トラックバック (0)

掲載休止のお知らせ

当ブログを訪れて下さっている皆さんにお知らせ致します。

申し訳ありませんが、しばらく掲載を休止致します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«シナノコアツモリソウ他