地元のラン あれこれ

ここ10日ほどで地元のランもずいぶん咲き進んで来ました。
トキソウ、エンシュウムヨウラン、ヨウラクラン、ニラバラン、キバナエンシュウムヨウラン、
ウスギムヨウラン、ムギラン、ジガバチソウ、マメヅタランを纏めて掲載します。

↓ トキソウ

DSC00237

DSC00444

↓ エンシュムヨウラン

DSC01545

DSC01872

↓ ヨウラクラン

DSC07340

DSC01555

↓ ニラバラン

DSC07351

DSC07383

↓ キバナエンシュウムヨウラン

DSC00418

DSC01868

DSC00422_2

↓ ウスギムヨウラン

DSC00487

↓ キバナウスギムヨウラン

DSC00446_2

DSC00471

↓ムギラン

DSC00519

DSC07431

↓ ジガバチソウ

DSC00689

DSC00687

↓ マメヅタラン

DSC01994_2

DSC02045

DSC02004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山周辺の花散策

今年は久しぶりにサカネランが見たくて富士山の裾野に出掛けて来ました。
いつ出掛けたら良いか悩んでいましたが、花友さんがアップして下さったので
これはありがたいとすぐに出掛けて、バッチリ見ることが出来ました♪
2本立てでとても状態が良く、大満足でしたが他にも無いかと周りを探していると、
サカネランはありませんでしたがクゲヌマランと思われるものが1株だけありました。

ついでにとスズムシソウを探しに移動しましたが、道中の様子が変わってしまい、
見つけることが出来ませんでした。 帰宅後、同方面に詳しい方に聞いてみると
新しく広い道を延ばしたので面食らうが、少し手前を曲がれば大丈夫との事でした。
1週間後に再挑戦したら、やっと見覚えのある場所に出て一安心。開花の状況も良く
久しぶりのスズムシソウを堪能しました。

↓ サカネラン

DSC00188

DSC00192

↓ クゲヌマラン(と思われる)

DSC00220

DSC00223

DSC00223_2

↓ ヤマシャクヤクもまだ咲き残っていました。

DSC00210

DSC00231

↓ 草丈50cmくらいのマンテマ風の花。花友さんに問い合わせたら帰化種のサクラマンテマでしょうとの事。

DSC01543

DSC01540

↓ スズムシソウ

DSC00646

DSC00624

DSC01958

DSC00671

DSC07451

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥三河の花 あれこれ

コフタバランが見たくて奥三河に出掛けて来ました。
1ヶ所目のコフタバランはまだ殆ど蕾でしたが別場所ではちょうど良い状態でした。
イチヨウランは10株くらい開花を見ることが出来ましたが株立ちが無く、やや残念。
その他に、ルイヨウショウマ、コガネネコノメソウの中のシコクスミレ、ワイガイソウ、
ホソバノアマナなどを見ることが出来、楽しい一日でした。

↓ コフタバラン

DSC00027

DSC00108

DSC00119

DSC00128

DSC07295_2

↓ イチヨウラン

DSC00033

DSC07234

DSC07250

DSC07260

↓ ルイヨウショウマ

DSC00053

DSC00053_2

↓ コガネネコノメソウの群生の中にシコクスミレが

DSC07270

DSC07278

↓ ワチガイソウ

DSC00049

↓ ホソバノアマナ

DSC00043

DSC01523

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素晴らしい群生

今年は新場所でイワチドリの群生を見る機会を得ました。
イワチドリはとても愛らしいランですので盗られ尽くしてしまい、全国的にも
自生は僅かになってしまっています。
この場所は池の対岸の岩壁で普通は近づくことが出来ません。なので今まで
盗掘されずに残っていたのでは無いかと思います。

状況は承知していましたので秘策を練って首尾よく間近で見る事が出来ました。
こんな群生を見る事はなかなか出来ませんので幸福感で一杯でした。

DSC07229

DSC01513

DSC01493

DSC01505

DSC01485

DSC09981_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラン 3種

更新が遅れてばかりですが、1週間ほど前に見て来たラン3種です。
この日はユウシュンラン、クマガイソウ、コケイランを見る事が出来ました。

↓ ユウシュンラン

DSC07096

DSC07115

DSC07124

DSC07127

DSC09880

↓ クマガイソウ

DSC07146

DSC09895

DSC07148

↓ コケイラン

DSC07161

DSC07166

DSC07198

DSC09909

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地元で色々 Part II

葦毛湿原のミカワバイケイソウとカザグルマを見て来ました。(5/11)
今年は開花が遅れましたが、さすがに両方とも終盤の様相でした。
近くなのになかなか訪れることが出来なくて危うく見逃してしまうところでしたが
なんとか間に合って良かった (^^;)
同日、市内で少し離れたところではギンランが盛期を迎えていました。

↓ ミカワバイケイソウ

DSC01355

DSC01431

DSC01422

↓ カザグルマ

DSC01344

DSC01370

DSC01410

↓ ギンラン

DSC09831

DSC09843

DSC09848

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地元でいろいろ

GWあたりから地元でもランの花が順次咲き出しました。
遠くに行かなくてもランが色々見られるのは嬉しいことです。

↓ まずはベニカヤラン 今年も見ることが出来て良かったですが、あいかわらず撮影困難でした。

DSC06779

↓ 次はイチヨウラン いつも見ている場所で今年はこの弱々しい1株だけでした。残念

DSC00841

↓ 次はカヤラン カヤランも今年はなかなか縁が無く、まともな花はこの1株だけです。状態は良かったので○です。(^^;)

DSC00927

DSC06966

↓ 次はあわてんぼうのコアツモリソウ とりあえずと覗いてみたらこの1株のみ咲いていてくれました♪

DSC09439

↓ 次はヤマサギソウ この場所では今年見られたのは全部で4株。年々少なくなっていくようで心配です。

DSC09776

DSC09793

DSC09809

↓ エビネも咲いていました。別山のエビネとヤマサギソウも気になりますが、なかなか時間が取れません。

DSC09820

DSC09857

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滋賀県で花散策

私にとって未知の世界、琵琶湖の西部方面へ花散策に行って来ました。
サンインシロカネソウ、オオタチツボスミレ、ハグロシハイスミレ、
キバナサバノオなど初見の花が多く大変楽しい一日でした。
途中、谷に入っている時に雷雨になってしまって閉口しましたが、
その雨も1時間ほどで止み、なんとか撮影を再会出来てホッとしました。
雷雨の停滞で時間をロスしたので、もう一ヶ所の予定を諦めることに
なりましたが、それでも十分な収穫で大変有意義な一日でした。

↓ サンインシロカネソウ

DSC09280

DSC06821

DSC06813

DSC09301

↓ オオタチツボスミレ

DSC09272

DSC09270

DSC09271

↓ シハイスミレ

DSC09303

DSC09317

↓ ハグロシハイスミレ

DSC06833

DSC09327

↓ キバナサバノオ

DSC06859

DSC06932

DSC06892

DSC09341

DSC06901

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南の島で他に見た花

今回の南の島への遠征で見ることの出来た植物です。
まずはイシガキスミレ、一度は見たいと思っていた絶滅危惧1Aのスミレです。
今回は花期が過ぎていると思い、諦めていたのですが、案内の方が場所だけ
見ておきましょうと連れて行ってくれたところ、思いがけず沢山の花が咲いて
いて嬉しい限りでした♪
次はユウコクランです。こちらは沢山ありましたが、背景がザワザワした所
ばかりでなかなかうまくは撮影出来ませんでした。全般に緑色が目立つ花が
多いように感じました。
それからタカツルランです。こちらも通常の花期は5月中旬から7月あたりだと
思うのですが、思いがけず咲いていてくれました♪
そのほかにも、葉だけですが未見のランなどを見て収穫の多い花旅でした。

↓ イシガキスミレ

DSC00519

DSC08947

DSC08964

DSC08957_2

DSC00504

↓ イシガキスミレはヤエヤマスミレの変種で、母種のヤエヤマスミレの葉が菱形なのに対し、三角状で基部が切形なのが特徴。

DSC08976

↓ ユウコクラン

DSC08980

DSC08795

DSC08801_2

↓ タカツルラン

DSC09046_2

DSC09036

DSC09035

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初見のラン2種ほか

初見のランを求めて石垣島へ行って来ました。
昨年出掛けた石垣島で大変人柄の良い地元の方に案内をして頂き、
夜ご一緒して、居酒屋で一杯やりながら花談義で盛り上がったのですが、
その際、ジャコウキヌランの話が出て、花の時期に来れば案内しますよ
と嬉しいお言葉を頂きましたので、頃合いであろうと出掛けた訳です。

相変わらず厳しい山登りでしたが、ちょうど見頃のジャコウキヌランを
3株見る事が出来、嬉しい限りでした。名にジャコウとつくだけあって
とても良い香りがあり素敵な花でした。ヒルに5ヶ所も咬まれましたが、
そのくらいの苦難はこのランを見られた喜びで何でもない事でした(^^;)

その後、これも絶滅危惧1Aと超希少なオオカゲロウランも案内して下さり、
大変嬉しいサプライズでした。残念ながらあと数日で開きそうな蕾でしたが
この花は開花しても先端がわずかに開くだけですので初見を果たしたことに
しておきます。(汗)

↓ ジャコウキヌラン

DSC00459_2

DSC08831

DSC00460

DSC08832

↓ オオカゲロウラン(別名:テリハカゲロウラン)

DSC00479

DSC08871

DSC08860

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«キバナハナネコノメ他