掲載休止のお知らせ

当ブログを訪れて下さっている皆さんにお知らせ致します。

申し訳ありませんが、しばらく掲載を休止致します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

シナノコアツモリソウ他

心優しい花友さんのご厚意でシナノコアツモリソウを案内して頂きました。
コアツモリソウの色彩変異品種(白花)ですが、2017年4月にシナノコアツモリソウとして
学会発表されました。
この日はスズムシソウ・サカネランやギンランの唇弁が花弁化した6弁花タイプの
ヤビツギンランなどを見る事が出来て大変嬉しい一日でした。

↓ シナノコアツモリソウ

DSC05201

DSC09168

DSC09187

↓ スズムシソウ

DSC05147

DSC05164

↓ サカネラン

DSC05204

↓ ヤビツギンラン

DSC09140

DSC05217

| | コメント (7) | トラックバック (0)

地元のラン

地元のランもかなりの種が咲き出しています。
5/6~5/18までをダイジェストで(相変わらずサボってますので纏め掲載です(^^;))
ヤマサギソウはいつもの場所で、今年は16株確認できましたのでまずますでした。
イワチドリは今までの株は全滅っぽかったですが、新たに近くに別株が3株ほどありました。
サイハイランの群生を見ることが出来ました♪ エンシュウムヨウランも咲いています。
葦毛ではトキソウが咲いています。裏山ではジガバチソウも咲き出していました。
ウスギムヨウランも咲いていました。色変わりの紫花も咲いていました♪

↓ ヤマサギソウ

DSC0185

DSC05114

↓ イワチドリ

181A7088

181A7097

↓ サイハイラン

DSC05255

↓ エンシュウムヨウラン

DSC01944

DSC05293

↓ トキソウ

DSC01968

DSC01966

↓ ジガバチソウ

DSC05336

DSC05383

↓ ウスギムヨウラン(紫花)

DSC05299

↓ ウスギムヨウラン

DSC05318

DSC05308

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カッコソウ他

またまた更新をサボっています。 大汗
もう2週間近く前になってしまいますが、5/2/・5/3で群馬県の山でカッコソウを見て来ました。
ヤマブキソウ、ヒメイワカガミなども見ることが出来ました♪

5/2 ヒメイワカガミ

DSC01824

DSC01831

DSC01833

↓ 5/2 フイリフモトスミレ

DSC01822

DSC01817

↓ 5/3 ヤマブキソウ

DSC08868

DSC08973

DSC08978

↓ 5/3 カッコソウ

DSC08900

DSC08897

DSC08889

DSC08911

↓ 5/3 ヒイラギソウ

DSC08883

DSC08885

↓ 5/3 ルイヨウボタン

DSC08935

DSC08941

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南の島のラン

もう10日も経ってしまいましたが、また南の島へラン探しに行って来ました。
主な目的はオオキヌランでしたが残念ながら見つからず、代わりに初見の
タイトウキヌランを見ることが出来ました。 葉に斑が入ることが大きな特徴です。
植物全体は同属のジャコウキヌランに似ています。
まだ見ていないので断定出来ませんが、ネットで見かける数少ない画像 によると、
オオキヌランにも花はかなり似た感じです。
ジャコウキヌランとオオキヌランの雑種説とオオキヌランの種内変異説があるようで、
なるほどとうなずけます。
今回、他にはジャコウキヌラン・オオカゲロウラン・ヒゲナガキンギンソウなどを
見ることが出来て、とても良い花旅でした。案内して下さった地元の方に感謝です。

↓ タイトウキヌラン 葉は艶が無く斑が入っています。

DSC04837

DSC04862

DSC04842

↓ タイトウキヌランは背萼片・側萼片・唇弁の中央が黄色味を帯びています。

DSC04840

↓ ジャコウキヌラン 葉は光沢が有り、斑は入っていません。

DSC04828

↓ ジャコウキヌランは背萼片・側萼片が緑色で、唇弁の中央は黄緑色

DSC04823

↓ オオカゲロウラン 別名をテリハカゲロウランと言うように葉に強い光沢があります。

DSC01735

DSC04959tr

↓ 花のアップ、まだ蕾ですが、開花しても先端が僅かに開くのみのようです。

DSC04947_2

↓ ヒゲナガキンギンソウ

DSC04885

DSC01730

↓ 花の形は同属のナンバンキンギンソウに似ていますが、こちらは側萼片の先端が後方に巻くように反り返ります。

DSC04891

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イワザクラ

今年もイワザクラを見ることが出来ました。華やかなピンクでとても美しい花です。
花数も多くて眺めているだけでも幸せな気分になりました。
エイザンスミレ・ヒナスミレ・ミヤマカタバミもありました。シロバナネコノメソウは
終わっていて残念でした。(僅かに紅い蘂の残っているものはありました。)

↓ イワザクラ

DSC0469_27

181A6977

181A6984

181A7042

181A6995

↓ エイザンスミレ

181A7056

↓ エイザンスミレの上下の丸っこい葉はフタバアオイです。

181A6988

↓ ヒナスミレ

DSC01716

↓ ミヤマカタバミ

181A7054

↓ 最終盤のシロバナネコノメソウ(僅かに紅い蘂が見られます)

DSC01725

↓ ボタンネコノメソウも終盤ですが残っていました。

DSC01721

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄のラン4種(うち、初見2種)

野生ランに魅せられて、まだ見ぬランを調べるうち 目にとまったのがカツウダケエビネです。
妙に名前の響きが耳に心地良く、なんて語呂の良い名前だろうと花よりも名前にウットリ(^^;)
いつかは見たいと思うようになりました。
なかなか縁が無くて思いを果たせずにいましたが、今年やっと見ることが出来ました♪
実物も正直私には通常のエビネと区別がつきませんでしたが、念願が叶って良かったです。
ちなみに沖縄本島中部にある山「嘉津宇岳」で発見されたエビネということで命名されました。

次はアリサンムヨウランです。これはおそらく台湾の阿里山が名の由来だと思います。
台湾には南西諸島に分布する野生ランと同種のランが多く生育しているようです。
このランにはムヨウラン(無葉蘭)と名前が付いていますが、実際には葉があります。
花の時期には葉が無い個体も多いようで、おそらく発見者(命名者)が葉を見落として
ムヨウランと勘違いしたようです。紛らわしいので別名のアノマランかヨシヒサランを
正式名としたほうが良いのではと思いますが、一度種名として決まったものは覆らないのでしょうか?

他に見たランは2度目のヤブミョウガランとキンギンソウです。ヤブミョウガランは前回は終盤で
かろうじて咲いていた残り花の撮影しか出来なかったので、今回はフレッシュな花を期待したのですが
逆にちょっと早くて殆どが蕾株で、やっと咲いていた株も下の方の花が数輪開花しているのみでした。
ジャストの良い状態が見られることはなかなか運が要ります。
もうひとつのキンギンソウは数の多いランですが、今回はまだ開花期には少し早いようで1株のみの
出逢いでした。

↓ カツウダケエビネ

DSC01600

DSC04626

DSC01620

↓ アリサンムヨウラン

DSC04695

DSC04673

DSC04671

↓ アリサンムヨウランは唇弁が変化があって面白かったです。

DSC04686

DSC04688

DSC04695tr

↓ ヤブミョウガラン

DSC01627

DSC04649

DSC046534

↓ キンギンソウ

DSC04660

DSC04660_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピンクの花

イワウチワとシナノコザクラを見て来ました。(それぞれ別の日・別場所ですが)
イワウチワは、良く出掛ける場所では4月下旬頃の開花で、シナノコザクラは
5月20日頃見ていますが、双方、とても早い時期に見ることが出来ました。
このところ どの花も例年より開花が1週間~10日くらい早いですが、
それにしてもとても早い開花で驚きました。

↓ イワウチワ

DSC04377

181A6922

DSC01487

↓ シナノコザクラ(非常に高い崖に咲いていて撮影困難でしたが、1株のみ足元に咲いていました)

DSC01581

DSC04539

DSC04548

↓白花もありました。

DSC04601

DSC04608

DSC04611

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スミレの季節 一挙公開(更新サボり過ぎ・・汗)

更新をサボっているうちに早 4月になってしまいました。
スミレが沢山咲いています。第一弾で掲載します。第二弾はあるのか?(^^;)

↓ キスミレ

DSC02933

DSC02964

DSC02925

↓ ニオイタチツボスミレ

DSC03258

DSC03474

DSC03744

↓ マキノスミレ

DSC03722

DSC03713

DSC04283

↓ コスミレ

DSC03339

DSC03357

↓ アリアケスミレ

DSC03606

181A6848

DSC03570

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コシノコバイモ・カイコバイモ等

ミノコバイモを見たあとはコシノコバイモ・カイコバイモも見たくなります。
という事で、今年も両種を見て来ました。
オマケはアズマイチゲとハナネコノメソウです。

↓ コシノコバイモ

DSC03181

DSC03210

↓ アズマイチゲ

DSC03135

DSC03166

↓ カイコバイモ

DSC03383

DSC03367

IMG_9055

↓ ハナネコノメソウ

DSC03436

DSC03443

DSC03465

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ミスミソウの次は